ゆり子はわらう

 

ゆり子はわらう。

泣いたようにわらう。

 

みんなで飲むと、僕はいたずらにゆり子に電話する。

「もう遅いし、お風呂入っちゃたし、行けたら行きます」。

でもゆり子は来る、きっと来る。子供が寝たのを見計らって。

ママチャリ立ちこぎで、一駅くらいすっ飛ばす。

 

 

 

 

そして、ゆり子はわらう。

泣いたようにわらう。

 

あなたをみてると思うのです。

 

人にはそれぞれに運命があるとしても、人を超えた宿命などありはせず。

皆が悲しみや苦しみを持ち合わせているとしても、だからこそ、その大小にはいくばくの差もないと思われ。

皆が皆、一様に辛いことを抱え込んで、それが誰より重く苦しいというバイアスに囚われていて。

自分の病ほどつらいものはなく。

家族の死ほどに、この破滅的な思いは、自分だけが経験したものだと錯覚する。

 

誰もが悲しみや苦しみ、怒り、ネガティブな感情を小さな箱にしまい込む。

箱がいっぱいになっても、押しつぶして小さな箱に押し込んでゆく。

そして押しつぶされているのが自分だと気づかずにいる。

 

ゆり子はきっと、そのたびに大きな箱を作っていけるひと。

 

 

 

辛くても、

ママチャリ立ちこぎでかっ飛ばす。

ママチャリ立ちこぎで一駅くらいすっとばす。

そしてわらう。

泣いたようにわらう。

 

あなたのその声が、僕には心地よいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。