カレントに流される

 

 

世の中の様々な事象は揺らぎに支配されているといいます。

 

 

そう・・・ つとに思っていたのは、日々の生活、人と人とのつながり、人生の浮き沈み、はては運命までもが波の様だということです。

表面上は寄せては返すを繰り返すだけですが、その流れはとても複雑で。

 

 

 

僕は海に潜ります。

ウェットスーツを着て、ウェストには数キロの重りを巻いて。

岸から離れるにつれ、透明な海水は水深を増してゆきます。

ある一定の深さに到達すると、海面に浮かぶ僕の背中に悪寒のようなものが走ります。

いま引き返せば安全に戻れる、これより岸から離れてはいけない、そう体が警告を発するのです。

それでも僕らは知っているのです。

それより先に泳ぎを進めなければ見えない景色があることを。

踏み荒らされていないサンゴ礁や大型の魚たち、生命という色彩たちの豊かさがそこにはあります。

 

ただ、ここにはいくつかのルールがあります。

触れてはいけない毒をもった生物に対する知識を持っていること。

脚が攣ったら迷わずウェストの重りをベルトごと海中に捨てなくてはいけません。

ウェットスーツの浮力が体を海面に押し上げてくれます。

そして、潮の満ち引きを頭に入れておくこと。

最も大事なことは、「いつも自分と海岸との距離を把握していなければならない」ということです。

 

 

波には打ち寄せる波と、沖へ出てゆく流れがあるのです。

この沖に出てゆく流れを「カレント」と言います。

このカレントに乗ってしまうと、気づいたら岸が遠く彼方に離れてゆきます。

その流れは強烈に速く、秒速2メートルもあるのです。

この流れに抗って岸へ向かって泳げば、力尽きて溺れてしまいます。

 

でも、知っておいてください。

カレントの幅はたかだか20~30メートルなのです。

ですから、カレントに逆らわず岸と平行に泳ぎ、また岸へといざなう流れに乗れば良いのです。

それができなかった人たちは皆、溺れてしまうのです。

 

 

 

一見平穏に見えるサンゴ礁にも危険な流れがあります。

リーフカレントといいます。

迷路のようなサンゴ礁の中を、うねるように走るカレントがときに出現します。

横切ろうにもサンゴ礁が邪魔をして身動きがとれず、流れに身を任せたままでいると外礁へと運ばれてしまいます。

外礁に出てしまうと急激に深くなり、波は荒れ、岸に戻る道を見つけるのが困難になります。

潮の満ち引きを知らずに遊べば巻き込まれてしまうかもしれません。

 

僕は幾度かカレントに流されたことがあります。

そんな時は冷静かつ大胆な行動をとらなければなりません。

岸に何とか戻り海面を見つめると、その波の形の不整さで、

実はカレントは見えていたのです。

そう、 カレントは目で見えるのです。

 

直感が働くほどの経験値がなければ、思慮深い行動が大切で。

 

ただやはり、 波の静かな透明な凪の海を潜ることが至上であることにまちがいはないのです。

 

 

 

 

大切な友人へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。