歯牙腫・歯牙腫の摘出手術

 

 

ross48r[1]1[1]

 

 

罪悪感とは、自身に内在する規範意識から生まれます。

この規範意識は人間としてのありようですから、どんな文化にも共通するものです。

道徳感はあなたの属する社会によって違いますから、罪悪感が道徳感から生まれたとしても、

あなたの住む国、属する集団によって罪悪は異なるのです。

 

心理学において罪悪感は感情の一つとして扱われていますが、

不安・怒り・悲しみなどと異なり、困惑・プライド・恥などと共に自己意識感情に区分されています。

自己意識感情は他人の意見に依存するのが特徴とされています。

 

胸の奥に刺さっているたくさんの尖った石のような罪悪感が、他人の意見に依存するということに僕は疑問を感じます。

 

ギリシャ神話で人間の罪悪は、プロメテウスが天界の火を、ゼウスの言いつけを破って、人間に与えたことに始まります。

人は与えられた火を使い暖をとり、料理をし、明かりを得ました。

いずれ天界の火を使って武器を造り、戦争を始めるようになりました。

ゼウスはプロメテウスを磔にし、パンドラという名の女性を人類の災いとして地上に送り込みます。

パンドラは好奇心から、ゼウスに与えられた箱を開けてしまうのです。(本当は箱ではなく甕(壺)が正しい)

プロメテウスが「ゼウスからの贈り物には触ってはいけない」ときつく忠告していたのに。

開けられた箱からは様々な災厄が飛び出してしまいます。

罪悪を覚えた人々に与えられたのは、災厄。

 

箱から最後に出てきた、よわよわしいものは「希望」でした。

 

 

さて、歯牙腫の摘出でしたね。

いつもお世話になっている美容室MのA君。

歯茎を開けてみましょう。

歯茎を開けると中にパンドラの箱がありました。

僕は好奇心から、開けてはいけないとの言いつけを破り、

歯牙腫を覆う箱を開けたのです。

 

 

DCIM1177

DCIM1178

DCIM1173

DCIM1174

大小さまざまな災厄を取り出してゆきます。

最後に残った小さなものは「希望」でした。

ただ、このときは最後に希望を入れたまま歯茎を閉じたのです。

だって、このすぐそばに、もう一つ大きな災厄が埋まっていたから。

 

つぎのブログで書きますね。

 

手術の翌日です。

DCIM1175

腫れてません。経過は良好。

DCIM1172

二週間後の歯茎です。きれいに治っています。

 

wate15[1]1[1]

でも本当の災厄はこれから始まるのです・・・。

 

次回へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。