51頭目の鹿

 

100頭の鹿が餌場で草をはんでいる。

充分に草をはんだら、水場に移動しなくてはいけない。

まだ食べ足りない鹿、喉の渇きを覚える鹿、満足に食した鹿、様々な固体がいる。

 

草をはんでいるとき、不意に1頭の鹿が水場を見始める。

続くように数頭が同じ水場を見始める。

51頭目の鹿が同じ水場を見た時、群れは移動を始める。

 

赤シカの群れ 動物の写真

群れの移動速度が速過ぎれば、弱い固体は脱落し外敵の餌になってしまう。

水場に着くのが遅すぎても、弱い固体は脱水で命を落としてしまう。

 

群れの移動を指揮するのは、決して群れのリーダーではない。

 

これが自然界の法則で、群れを成す者達に共通したルールだ。

渡り鳥も、魚の群れも、蟻の群れでさえも同じルールに従っている。

 

 

サーバント・リーダーシップ。

リーダーシップとはリーダーだけが発揮するものではない。

今、自分達に必要な行動を自覚したら、その者自ら率先し周囲に働きかけなければならない。

そしてその個人の意識が伝染し、集団の意識に共有化されていく。

リーダーは、個々人の知見や経験によるリーダーシップを発揮する個人を、支援するための者でなくてはならない。

 

 

 

僕らも群れを成す者達だ。

あなたが喉の渇きを覚えたのなら、あなたが行きたい水場を見つめなさい。

半数が水場を見るのなら僕も移動を始めよう。

僕の見る水場を半数が見るまでは動かないでいよう。

あなた達の見る水場が僕の見る水場と違うのなら、過半数に従い歩き始める。

 

僕たちは所詮、群れでしか生きられないのだから。

 

 

 

ただ水場には外敵が我々を狙って身を潜めている。

僕はその危険を排除するために神経を尖らせる。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。