雫はその存在を描く

高沢先生から、開業のお祝いの品を頂きました。

キッズルーム用の壁掛け時計です。

時間がくるとメロディーが流れ、ミッキーとミニーのからくりが動きます。

めっちゃ癒されます。

とっても気に入りました。大切にします。

高沢先生は中学校の教頭先生。

とっても優しい先生です。

学校の先生にも求められるのが、他者への「突出した共感能力」、生徒の思いを理解する能力です。

最近の学校の先生には欠如している人が多いです。

学校の先生がみんな高沢先生みたいな人だったら、きっといじめも自殺も無くなります。

 

僕は壁掛け時計が好きです。

一番好きな壁掛け時計は「Drop draw the existance -雫はその存在を描く-」です。

日本人デザイナー「塚本カナエ」の代表作です。

昔どこかの軒下で雨宿りをした時に見た、ひさしからの水滴が地面に描く形をモチーフに作られた時計。

なだらかな凹凸が作る柔らかな陰影を感じるデザインです。

僕、四つ持ってます。

クリニックの時計も全部Drop draw the existance です。

このDrop draw the existance にスポットライトが当たってるの気づきましたか?

なだらかな陰影が浮かびます。

 

あなたが患者さんにかけた優しい言葉は雫です。

僕に見えていなくても。

いずれ形になってその存在を描きます。

ねえ聞いてる?  若葉駅前歯科の美人さん・・・。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。