姿見とやさしさ

スタッフに前々からリクエストされていた物があります。

姿見です。

気に入った物しか買わない僕は、まだクリニックに鏡を置いていません。

姿見を置くと、スタッフがよくそこにたまるようになります。

例えば消毒室に鏡があるクリニックでは、一つの治療が終わるたびにスタッフの化粧直しが始まりました。

でも身だしなみは大切です。髪を整える姿見くらいあっていいと思います。    診療室にね・・・・。

 

神宮前のアンティークショップH.P.DECOでようやく気に入る姿見を見つけました。

アメリカ人デザイナーがニューヨークの廃業したホテルのタイルを使って作成した物です。

 

姿見は部屋を広く見せるだけじゃないんです。

心を落ち着かせる作用もあります。

今の僕に必要な物です。

いらいらしている姿を鏡に映すのです。

なにいらいらしてんだ俺!って気づかせてくれます。

 

鏡映認知。

鏡に映った自分を自分だと認識する能力です。自己認識の第一歩です。

猿の仲間ではチンパンジー、ゴリラ、オラウータンが持っている能力です。

人間の赤ちゃんはおおむね18ヶ月くらいから鏡に映る自分を自分だと認識し始めます。

 

やさしさを持って人に接するには、相手の考えに共感したり、相手の思考を読み取らなくてはいけません。

そのためには相手も自分と同じように感じ、傷つき、不安に思い、嫌悪し、怒り、嬉しく思い、喜ぶことを想像しなければなりません。

その根底にあるのが自己認識なんです。

自分がこう言われたら、自分だったらああ思う。

自分がこんなことされたら、自分は傷つき、悲しくなる。

やさしさも思いやりも自己から始まります。

姿見で自己認識してください。

 

 

どれがいいか教えてください。

チョー高い買い物です。

姿見で自己認識、

「一番しなきゃならんのは院長だ」そう思ったでしょ?

鼻毛が出てないかくらいはチェックします。

 

 

 

2 Comments

  1. 田上

    一番上の鏡が良いと思います!
    私も鼻毛チェックしなくちゃ~^^

  2. wakaba (Post author)

    了解です。買ってきます。バッチリメイクして下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。